川越ミャウブログ2nd

ペットシッター川越ミャウのブログです。

かゆいときは・・


最近、季節柄でしょうか
かゆくて、掻いたり噛んだりしたところの毛がなくなり
小さなハゲが出来ている猫さんに結構お会いします。


虫や真菌によるものではない場合、猫さんの肌のかゆみの原因は
腎臓の疲れによるもので、蒸し暑いので
腎臓が疲れているのではないかと思います。


腎臓が疲れると・・・

◆腸内の乳酸菌が減る=皮膚の潤いが減る=かゆい

もしくは

◆貧血気味になる=お耳、足先等、先端部分に血が行かなくなる=かゆい

という状態になってしまいます。


虫や真菌ではないのに、うちの子何だか、かゆいみたい・・
というときには、上記の理由により
乳酸菌や活血効果のある漢方薬が効く場合があります。



出典:Amazon


お水やフードに数滴垂らすだけで投与できる使いやすい乳酸菌です。


写真はありませんが、活血効果のある漢方薬や
(加熱した)レバーを食べたりするのも良いと思います。


虫や真菌ではないのに、うちの子何だか、かゆいみたい・・
というときのヒントになさってみてください。





・・とは言え、根本的にはやっぱり
猫さんの腎臓の働きが良くなることが一番なんです。


ギュッと濃縮したオシッコをつくるため
猫さんの腎臓はどうしても疲れやすいため労わってあげたいですね。


先日、キャットシッターのパイオニア、猫の森さんの
猫さんの腎臓サプリをお作りになった記事を
とても興味深く拝見して、感動いたしました。


こちらにリンクを貼らせていただきます。


猫にスギナパウダー、人にスギナ茶


猫さんのフードにふりかけられるよう、スギナをパウダー状に
なさっていまして、乾燥させたスギナをフライパンで炒って
チアミナーゼという酵素を弱めてからパウダー状になさる配慮等
すごいと思います。



記事に学びまして、私もスギナパウダーを作りました♪


フードにふりかけて、うちのニャンたち、気にせず食べてくれますし
体調も良さそうです。


猫の森さん、どうもありがとうございます。



本当に(肝臓や)腎臓は肝腎要(かんじんかなめ)という通り
さまざまな不調の原因ともなりますから、猫も人も是非とも労わりたいですね。


蒸し暑いですので、皆様お身体をどうぞお大事に。





コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
kawagoemeow
性別:
非公開

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 4 5
6 7 8 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31