川越ミャウブログ2nd

ペットシッター川越ミャウのブログです。

秋は水温が上がります


もうすぐ9月に入りますね。


気温はこれから少しずつ涼しくなって行くと思いますが
水温は気温のおよそ2ヵ月遅れで変化いたしますため
9月10月が一番高くなります。


寒くて飲水量が減りがちな冬と、体細胞に水分をとられがちな夏は
猫さんの泌尿器疾患が多いと一般に言われていますが
現場でのお客様のお声では、10月の猫さんの泌尿器疾患が一番多く
水温が一番高い時期と重なります。


水温が高くなりますと、有害物質が水に溶けやすくなります。


気象操作での人工降雨の際に使用されるヨウ化銀が水道水に含まれ
猫さんの泌尿器疾患に繋がるひとつの要因になっている、
と私はかつてから憂慮しており、以前のブログでも記事にいたしました。
(気象操作と猫の泌尿器疾患多発)


ヨウ化銀は20℃の水温(←伊豆の12月の海水温が約20℃)
で水に溶け始めるそうで、
水温が高い季節には
より多くのヨウ化銀が水道水に含まれることが懸念されます。


不必要に心配することはありませんが
泌尿器系があまり強くない猫さんでしたら
秋には何らかの対策をなさることを、私はお勧めいたします。


対策方法といたしましては

◆水道水を控えてミネラルウォーターを飲料水にする。
または水道水に適量ミネラルウォーターを混ぜ薄める。
(ミネラルウォーターはできれば軟水にてお願いいたします。
硬水は尿結石の遠因となる説があるため控えた方が無難です。)

◆腎臓によいサプリメントを与える。
手作りできます腎臓サプリメントのスギナパウダー
についての記事はこちら
(かゆいときは・・)

◆丁寧なブラッシング、コーミングを行う。
理由は、毛玉が胃に溜まってしまって
吐くと水分も一緒に出てしまいますため。



パッと思い付くのは上記ですが、他にもいろいろあると思いますので
対策をなさってみてください。


これからの季節、9月10月は水温が上がります
水温の高さは注目されにくい視点ではありますが、私は重大だと思います。


気温は涼しくなり、多くの猫さんの食欲が増してきますので
是非とも身体を健康に保ち、食欲の秋を楽しんでくださいね。



ウェットフードを食するのも水分補給になりますね。
およそ75%の水分が含まれるため100グラムのウェットフードを食べますと
75ccの水分を摂取できます。







コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
kawagoemeow
性別:
非公開

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6
8 9 10 11 12 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31